投稿:素朴な質問

from: 管理人 2013年08月12日 18時43分 受付中 コメントする
オプションを始めたころの素朴な疑問。
どんどん投げてみてはいかがでしょうか。
このフォーラムも登録者の顔ぶれは多岐にわたっております。

たいていの質問には適切な答えが返ってくるのではないでしょうか。

経験者も、素朴な質問に、わかりやすく答えることで、またあらたな発見をしたりすることもあります。私もブログを続けてきて、つくづく感じます。

そんなことで
素朴な質問大歓迎します。
【関連キーワード】なし
  返信数:9 | 受付中  Me too度:73 評価する:Me too! 役に立った!

カテゴリ:初心者コーナー

コメントする

from: ねぎ  2013年08月12日 22時47分
ちょっと見ない間に凄くコメントも活性化してますね、結構なことです。が、追い付くのに時間がかかりそう(汗)

で、ちょっと違うんですが、今日思ったことで、「損切りと信念と騙し」の関係について。
先週だったかの14000超えはスルーしました。その後の13700超えは損切りしました。今日の13600超えはコールを売っていきました。
どれもそこをピークに下げました。
で、思ったことが3つ。
・それでも損切りは信念に優先すべきか。すべきという回答が想定されるなかで、
・そもそも「戻り売り」と考える人にとってはあそこは損切りポイントではないのか。
・さらに言うと、売り方で損切りするひとはもっと速い段階で損切りしているのか。

で、質問です。皆さんはどのような基準で損切りポイントを決められていますか?
例えばここ一週間なり、数週間なりの動きのなかで、とか。
役に立ちましたか?: はい
from: ねぎ  2013年08月13日 15時35分
休みの日というのはかえって一人の時間というのがとれないもので。
まぁそれもまた良いものではあるのですが。それはさておき、今日も損切りで痛い目をみました。
寄り直前、13700を抜いてきそうな気配を見て慌ててデルタをロングにドテン。腹立たしい展開ではありますが、まぁここではそれはおくとして。13800を見て17500あたりをうろうろしてた時に考えたのが、13720(寄り値)を割るのはよろしくないな、と。
で、逆指値を入れるなら13710か、と。
しかし。ちょっとバッファは要らないか?13650くらいにしておくか?
結果、13710で2枚ミニ売り、そして結果はこれです。。。

やっぱり指値下手。考え方の問題なのか、運?の問題。。。?
役に立ちましたか?: はい
from: 管理人 (投稿者) 2013年08月13日 16時56分
うーん、
けっこう重症のような...

全体ポジションがどうなっているのかよくわかりませんので何とも言えませんが、かなり傷んでいるのではないでしょうか?

役に立ちましたか?: はい
from: ねぎ  2013年08月13日 17時38分
スマホからなのでポジション記載がままならず。夜また簡易的に整理しますが、寄りでドテンし、今もデルタは0.5くらいなので、今日という意味ではプラスではありますが、13710で売ったミニだけ見るとすでに5万円くらいの含み損になっています。。。

心理的に心地よいものは、ほとんどの場合間 違ったものである。

私には本当に至言です。
役に立ちましたか?: はい
from: ねぎ  2013年08月14日 06時38分
昨夜の13800所も売らせたい感満載な雰囲気でした。。。
またも上記の至言を頭に浮かべながら結局、売ってしまいました。。。

結局、昨日は朝寄りの時点でデルタをドテン、0.7までもっていき、14000超えをターゲットにしていたにも関わらず、二度のあからさまな誘いにことごとく吸い込まれ、デルタを0.5、0.2へと落としたという一日でした。

先日の13730での損切りといい、私の損切りは常に直近の天底であることがあまりにも多いです。たぶんこれも万年負け組の要因のひとつのような気がしてなりません。

やはりちょっと重症ですね。ドテンロングした時点で損切りポイントは確かに13700割れでしたし、夜場は13850割れ、いずれも寄り値割れでした。
デルタで考えずに価格で考えたのはガンマがほぼ0だったからですが、それにしても何かしら損切りについての考え方が間違っている、あるいはセンスが感じられないような気がしてなりません。。。
役に立ちましたか?: はい
from: 管理人 (投稿者) 2013年08月14日 07時12分
いわゆるデルタの遊びの部分が、うまくなっていない感じですね。
ただ、これも余裕と微妙に関係してきますから、まずは本体でしっかり構えることですね。
役に立ちましたか?: はい
from: ねぎ  2013年08月14日 07時30分
余裕、そうですね、まったくありません(^-^;
昨日のデルタは遊びを超えて勝負の傾きでした。ゆえに売りたくて仕方ない、と。
しかし一方で必死にそれを抑えようとしている自分がいて。待て、と。ここで売ったらきっと踏むことになる、と。
ザラ場をチラチラ見るのも良し悪しですかね、揺さぶられます。
逆にずっとは見れないというハンデもあって、どうしても安心を取りたい(売ってデルタをニュートラルにしたい)の感情も抑えがたく。
随分葛藤したものの、結局感情の二連勝。

逆に朝寄りのドテンはやりたくなかった。でもやるしかない。実は一旦注文をキャンセルして9時ぎりぎりに再注文。これがなければその後の損切りも何もなかったのも確かで。

何せ難しいです。
ひとつ言えるのは、デルタ勝負は遊びの傾きを超えるとまず間違いなく感情に勝てなくなるということですかね。
役に立ちましたか?: はい
from: 管理人 (投稿者) 2013年08月14日 07時46分
本体がうまくいき始めると、遊びの部分にも余裕がでます。
そうすると、今まで聞こえてなかった相場の鼓動が突然聞こえるように感じるときがあります。
そうした、心理的な要素は多分にあると思います。そこが相場の面白いところです。
普段はこつこつと地道にいけば、必ずそういう時はあります。
それをいつもかつも追及するから、どこかで無理が来るんですね。
役に立ちましたか?: はい
from: ねぎ  2013年08月14日 08時22分
本体のイメージはブルスプレッドのデルタややプラス気味ニュートラルが相場観なのですが、昨日のデルタ乱れの影響もあって、コンドルチックになってます。
コールの売りといい、先物の売りといい、本当に余計なことを余計なタイミングで。。。

相場観的にはコール売りと先物売りを返済したい気分なんですが、グリーク的に今日は敢えてこのまま耐えてみます。
でもどうかな。。。
役に立ちましたか?: はい

コメントを書く

コメント:
画像のアップロード:
※ アップロードできるファイルは「1つ」までです。