投稿:ポジションの複雑さについて

from: ねぎ 2013年08月23日 23時35分 受付終了 コメントする
かの有名なACさんが公開されている9月限ポジションだけを勝手に抜粋して転記させていただくと下記だそうです。

9月限 コール プット
9000 +100
13375 -5
13500 +1 +15
13625 -5 -5
13750 +10
13875 -11 +3
14000 +15
14125 -10
14250 +15
14375 -20
14500 +15 -4
14625 -10
14750 +15 -5
14875 -20
15000 +10

はっきり言って私には何を狙われてるのかすらさっぱりわかりません。複雑です。
一方で私は別途書いたとおり、ポジション選択の許容量がかなり小さいです。

・トータルのGreeksをある程度信頼し、常にその時最適と思う銘柄を選択すればよい
 (素人であってもトータルのリスクさえ把握できていれば、銘柄数は発散拡大しても大した問題ではない)
・自分が制御可能と思う範囲の銘柄数に絞って取引しておくほうが火急の際のトラブルは小さい

どちらなのでしょうか。
もちろん理想は前者だと思います。が、最初からそのスタンスでもあまり重篤な問題にはならないものなんでしょうか。
シンプルイズベストみたいな話もあったりするのかなと思ったり。
(ACさんクラスなら上記のポジションもシンプルの部類に入ったりするのかもですが。というか複雑かどうかとか気にもされてないとか)


ちなみに本論からは逸れますが、上記のポジションの狙いは何なんでしょう。。。?
【関連キーワード】なし
  返信数:4 | 受付終了  Me too度:81 評価する:Me too! 役に立った!

カテゴリ:初心者コーナー

コメントする

from: 管理人  2013年08月24日 07時11分
ポジションを総合管理するようになると、個別の戦略や戦略名(たとえばバックスプレッドとかレシオ)とかは関係なくなります。ただ、すべてをネットアウトすると、リスクの本質が見えにくくなりますから、OUT、ディープアウト、ATM、コールというように、小グループに刻んでリスクを見たりします。

銘柄数が少ないと、自然に戦略名がつけられるようになりますが、前者と後者に線引きがあるとは思いません。
経験者になると、銘柄数を減せば頭の中でだいたいのリスクが見えるようになるでしょうけど。

ACさんのポジションはリスクパラメーターも公表されてますから、そちらを見れば狙いはわかると思いますよ。

役に立ちましたか?: はい
from: ねぎ (投稿者) 2013年08月24日 07時49分
概ねの狙いや状況はリスクパラメータで管理、判断可能。
ただし、いくつかのセグメントに分けて考えないと本質的リスクを見あやまる危険性あり。

と。

逆にいうと、同一セグメントに属する銘柄はひとつだろうが複数だろうが、リスクパラメータで全体管理しておけば大変なことになる危険性も小さい、ということになりましょうか。
まぁ何を同一セグメントとみるかで結果も変わるのかもしれませんが。
役に立ちましたか?: はい
from: ゆず  2013年08月25日 16時08分
以前ACさんにブログで質問したことがあります。
大変こころよく答えていただけます。・・・と言っても理解するのはなかなか難しいのですが。

私の乏しい理解では、広い視野の中で、IVが高い(安い)と感じられるオプションを
その瞬間に売り(買い)、ほぼ同時にミニ先でデルタニュートラルにヘッジされる。。

これが基本であるのだろうと考えています。
もちろん、種々のポジショニング(カレンダーやストラドルなど)は駆使されていますし、
ファーアウトに大きな買いポジション(特にプットバック)を常に置いておられます。
ただ、いずれにしても、それらを構築された時点で全体のポジションに吸収され、
個別ポジションを反対売買で利益確定するなどの手法はとられていません。

相場観は、デルタについては徹底したトレンドフォロワーであり、
先物のヘッジで、真似のできないドテンをされます。
VLについても長期の読みに加えて当然ながらスマイルの読みも鋭いです。

現在は、最近の変な相場に対応するべく、
ガンマロングのコンドル型ポジションを試行中らしいです。
そのために転記されたような形になっていると思います。
役に立ちましたか?: はい
from: ねぎ (投稿者) 2013年08月26日 09時03分
ゆずさん、コメントありがとうございます。

以前どかで書いたのですが、もしネットブログ、オプションの部総合ランキングというのがあれば、間違いなく頂点の1人だろうと思います。全く何の関係もない素人にそう言わせるほど、あのブログ(ACさん)は凄いですね。

私とはステージが違いすぎて、参考にするというよりは観客になる感じですが、興味深くはありますので、しばし観察させていただこうと思っています。
役に立ちましたか?: はい

コメントを書く

コメント:
画像のアップロード:
※ アップロードできるファイルは「1つ」までです。